Schedule

Schedule

2018.11.05.Mon

Soundscape Iceland

Day 2018.11.05.Mon

Open 18:30
Start 19:15

Adv ¥3,400
Door ¥3,800

Acts

SIGGI STRING QUARTET



Una Sveinbjarnardóttir (violin)

Helga Þóra Björgvinsdóttir (violin)

Þórunn Ósk Marínósdóttir (viola)

Sigurður Bjarki Gunnarsson (cello)


THANK YOU SOLD OUT!!!!!

本公演は完売いたしました。

※本公演は立見になります。



SIGGI STRING QUARTETのUnaはビョークが最も信頼するヴァイオリニスト。。。

そしてレイキャヴィク室内楽団のコンサートマスター。

今回はアイスランド交響楽団で来日を果たし神楽音にてシークレットライブを敢行!






※代金は当日エントラス(+ドリンク代600円)にてお支払いいただきます。

※前売チケットのお求めは、ページ最下部のPeatixにて無料予約券を購入下さい。

また、Peatixでの公演日表示が、

「2018年11月5日 (月) 18:30 〜 11月15日 (木) 22:30」

と誤って表記されておりますが、公演は11月5日 (月) のみとなります。




SIGGI STRING QUARTET(シッギ弦楽四重奏団)

シッギ弦楽四重奏団は2012年、UNM(Ung Nordisk Musik=1946年から、北欧諸国がもちまわりで毎年行う)フェスティバル時に結成。以来メンバーはウナ・スヴェインビャルナルドッティル(ヴァイオリン)、ヘルガ・ビヨルグヴィンスドッティル(ヴァイオリン)、ソゥルン・オスク・マリノスドッティル(ヴィオラ)、シグルヅゥル・ビャルキ・グンナルソン(通称シッギ、チェロ)で、これまでにいくつかの作品初演や様々な作曲家とのコラボレーションを行ってきた。

カルテットのメンバーが今まで仕事をしてきたアーティストには、ビョーク、ヨハン・ヨハンソン、アンサンブル・モダン、アトリ・ヘイミル・スヴェインソンやベッドルーム・コミュニティなどで、メンバーはまたレイキャヴィク室内楽団やアイスランド交響楽団の団員でもある。彼らは北欧のモダン・ミュージック・シーンにおいて大きな役割を果たすと同意に、クラシックの弦楽四重奏曲もレパートリーも重要視している。

近年のプロジェクトをいくつか紹介すれば、5時間におよぶ「弦楽四重奏曲 II」をアイスランドでプレミア演奏する他、ヨン・レイフス、ベートーベン、フィリップ・グラスの作品をドイツ・グラムフォン用にピアニストのヴィキングル・オラフソンと共に録音。ごく最近ではモーツアルトやシューベルトを演奏する他、グヅムンヅゥル・ステイン・グンナルソンの作品をレイキャビクはハルパ・コンサートホールのノーザンライツ・シリーズにて初演。2019年リリース予定のアルバムでは、ダニエル・ビャルナソン、マリコ・ディス・ラグナルスドッティル、ヴァルゲイル・シグルヅソン、ウナ・スヴェインビャルナルドッティル、ホイクル・トマソンの作品を収録している。


―――――――――


Una Sveinbjarnardóttir(ウナ・スヴェインビャルナルドッティル)


ウナはレイキャヴィク室内楽団のコンサートマスター。彼女は室内楽のソリストとして幾つかの作品を初演している。またアイスランド交響楽団と共にベートーベン、ショスタコヴィッチ、フィリップ・グラス、アトリ・ヘイミル・スヴェインソン、パットル・ラグナル・パルソン等のヴァイオリン・コンチェルトを演奏、そしてスヴェイン・ルドヴィック・ビョルンソン、ヴェロニク・ヴァカ・ジャックス、ホグニ・イギルソン、オリヴァー・ケンティシュのヴァイオリン・コンチェルトを初演している。ウナはビョーク(ホモジェニック、ヴルニキュラ)、ボニー・プリンス・ビリー、ヨハン・ヨハンソン他、多数のレコーディングにも参加し、アンサンブル・モダンやベッドルーム・コミュニティ・レーベルのアーティストともコラボレーションをしている。ベルリン放送交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団でも演奏し、仕事をした指揮者はピエール・ブーレーズ、Krystof Penderecki, ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ、マレク・ヤノフスキ、ハインツ・ホリガーなど。彼女はまたいくつかのオーケストラや室内楽団でゲスト・コンサートマスターを務めてきた。

自らが作曲したヴァイオリン・ソロ曲を集めた彼女の初アルバム『Umleikis』は2012年にリリースされた。ごく最近では弦楽四重奏『Pykkt, Vögguvísa 1』を室内楽団用に、そしてツィンバロムとハープ用に『Gátt』、(2018年レイキャビク市劇場劇)『Doll House Part 2』の音楽や、アイスランドで女性の権利を訴える活動家ハットラ・クリスティン・エイナルスドッティルのドキュメンタリー映画『Konur á rau.um sokkum』用音楽を作曲。ウナはシッギ・ストリングス・カルテットの創設メンバーでもある。

ーーーーーーーーーー


SIGGI STRING QUARTET was founded in 2012 around the UNM Festival, Ung Nordisk Musik. Since then the members! Una Sveinbjarnardóttir and Helga Þóra Björgvinsdóttir violinists, violist Þórunn Ósk Marínósdóttir and Siggi, cellist Sigurður Bjarki Gunnarsson have premiered several works and collaborated with number of composers. The members of Siggi String Quartet have worked with Björk, Jóhann Jóhannsson, Ensemble Modern, Atli Heimir Sveinsson and Bedroom Community as well as being key members of Reykjavík Chamber Orchestra and Iceland Symphony Orchestra. The Quartet plays a major role in the nordic modern music scene. The classical string quartet repertoire is also of great importance to the members of Siggi String Quartet. Among previous projects is the Iceland premiere of the 5 hour long 2nd String Quartet of Morton Feldman, Jón Leifs Quartets, Beethoven late Quartets, Philip Glass recordings for Deutsche Grammophon with pianist Víkingur Ólafsson and the oevre of Atli Heimir Sveinsson. Recently the quartet played Mozart, Schubert and a premiere of Guðmundur Steinn Gunnarsson in the Northern Lights Series at Harpa Concert Hall in Reykjavík. The upcoming album (2019) of Siggi String Quartet includes new works of Daníel Bjarnason, Mamiko Dís Ragnarsdóttir, Valgeir Sigurðsson, Una Sveinbjarnardóttir and Haukur Tómasson. 


Una is concertmaster of the Reykjavik Chamber Orchestra. She has premiered a number of new compositions as a soloist and chamber musician, she has played the violin concertos of Beethoven, Shostakovich, Philip Glass, Atli Heimir Sveinsson and Páll Ragnar Pálsson with the Iceland Symphony Orchestra and premiered violin concertos of Sveinn Lúðvík Björnsson, Veronique Vaka Jacques, Högni Egilsson and Oliver Kentish. Una has played on recordings of Björk (Homogenic, Vulnicura), Bonnie Prince Billy and Jóhann Jóhannsson and collaborated with several other artists including Ensemble Modern and Bedroom Community. She played in Rundfunk-Sinfonie-Orchester and Deutsche Oper in Berlin, she has worked with Pierre Boulez, Krystof Penderecki, Mstislav Rostropovich, Marek Janowski and Heinz Holliger and been guest concertmaster in several orchestras and chamber ensembles. Una’s CD

Umleikis with her compositions for solo violin was released in 2012. Recent compositions include String Quartet Þykkt, Vögguvísa 1 for chamber ensemble and Gátt for cimbalom and harp, music to Doll House Part 2 (Reykjavik City Theater 2018) and score of “Konur á rauðum sokkum”, Halla Kristín Einarsdóttir’s documentary on the Women’s Rights movement in Iceland. Una is founding member of Siggi String Quartet Reykjavík.

KAGURANE KGRN