Schedule

Schedule

2017.12.29.Fri

TFoM presents Dance of Modular / 忘年会

Day 2017.12.29.Fri

Open 16:00
Start 16:00

Adv ¥1,500
Door ¥1,500

※下記に特別記載がない場合、上記チケット代金とは別に1ドリンク(500円)を入場の際に頂いております。

Acts

Moular synthesizer live :
Numb
Koichi Shimizu
ULU a.k.a Tateyama +Yumbo
KURO
Kenichi Takagi
Z_Hyper
Tatata5
Dave Skipper
HATAKEN
DJ :
ULU a.k.a Tateyama
Roman Filippov

You must be over 20 with photo ID.

※深夜公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。 年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。写真付き身分証明証をお持ち下さい。

16:00 open 17:30 live start
23:30 DJ / 忘年会 - 02:00 close予定

http://tfom.info/


・Numb
dark tripping experimental techno excursions

1991年、HipHopグループである “Buddah Brand” マニピュレーターとしてキャリアをスタートする。 1995年、音楽家/DJ “Calm” と共に “Karma Musik” を立ち上げ、Numb名義でアーティスト活動をスタートする。 数枚シングルをリリース後、1997年にレーベル “Revirth” を立ち上げる。 Revirth現在までにNumb自身作品を含め、CD、アナログレコード合わせて57作品をリリースしている。 90年代半より、シンセサイザーやコントローラー等エレクトロニック・デバイスやラップトップを用いた演奏活動を、 国内外と、数多く行っている。DJとして活動や他音楽家とコラボレーションも多数行っている。

http://revirth.com/ https://www.facebook.com/takashi.numb.kizawa

Numb is a musician who have been influential in Japanese Electronic music since the early 90’s. Numb has released 4 solo albums, (2002 “Numb”, 2003 “Tokyo”, 2006 “Kuu”, 2013 “Helix of Light”) and also many 12 inch singles. Numb come Tokyo, a city inundated with information
and influences from music styles from the world and were especially influenced by electronic music. They absorbed elements of HipHop, Techno, House, Electronica
and Industrial to create a deep sound which combines peace and stillness with sharpness and violence. Numb create unique and inspiring electronic music.

http://revirth.com/ https://www.facebook.com/takashi.numb.kizawa

・KOICHI SHIMIZU [Eurorack modular, Revirth, Thailand]
タイ、バンコクを拠点に活動するサウンドクリエーター。NYにてサウンドエンジニアリングを勉強後、93年にバンコクに移住する。97年に日本に帰国、 NYの学校でクラスメートだったNumbに再会しRevirthに参加、2000年に12inchシングル”Hacked”をHanumand名義でリ リースする。2003年に再度バンコクに移住し、SO::ON Dry FLOWERというレーベルを立ち上げ、若くて才能のあるローカルアーティストの作品のリリースやコンサートの主催などを定期的に行っている。また作曲 家、サウンドデザイナーとしてPen-ek Ratanaruang、Apichatpong Weerasethakul、Aditya Assaratなどの映画作品に音を提供している。2008年にSOLというアートスペースをオープンし、若手アーティストの作品の展示やライブイベント などを開催している。

https://www.facebook.com/kshimizuofficial

・KURO / psyristor trax
EXPERIMENTAL BEATS

スペインのBoshke Beats Recordsからテックトランス、ミニマルテクノをリリース。

モジュラーシンセを使い、エクスペリメンタルで即興的なライブも始める。
2015年12月よりModular Cafeを月1回Orbitにて行い、
モジュラーシンセとその演者の為の実験的な場を設けている。




・Kenichi Takakgi
国立音楽大学卒業。幼少よりクラシックピアノを習い、そのピアノ教室に修理の為に置いてあったアナログシンセサイザーと出会う。大学在学中より、ベーシストとしてジャズ、ロック、ポップスなどでのサポート及びレコーディング開始。1990年にMacintoshとPerformerを導入、以降、サウンド・デザイン、アレンジ等も手がける。2004年にインターネット等で情報を集め、モジュラー・シンセサイザーを自作し、CV/GATE、Din Sync規格のヴィンテージ機材を中心とし、DAWは単なるレコーダーとするシステムを構築。同じ頃、リットーミュージック「ベース・マガジン誌」にて、一年間連載を持つ。2009年、かねてより交流のあったTokyo Black Starの1stアルバム「Black Ships」(Innervision)に参加。アルバム発売時にはサポートとして、六本木MADO Loungeにて、初めてモジュラー・シンセでライブを行う。昨年、world famousよりリリースのTokyo Black Star “Edo Express EP”から正式メンバーとなり、今夏には、主に自作モジュラー・システムを駆使して制作したフル・アルバム、”Fantasy Live 1999″をリリースし、表参道Wall & Wallにてライブを行う。来年の春にかけては、ヨーロッパを中心としたライブツアーの予定。また、Tokyo Black StarのIsao Kumanoとのユニット、”Modular Ball”のEPが、フランスのRowtag Recordingsからリリース予定。

https://instagram.com/bucketbd

・Z_Hyper
数々のアナログシンセサイザー・ハード機材に囲まれた環境で育ち機材知識を独学で習得。 電子海面とは結成時から交流があり、当時はまだ珍しかったモジュラーシンセのパフォーマンスに感銘を受け自身もプレイヤーとして活動を始める。 機能・動作への探究心が強くモジュラーシンセへの可能性を追求し続けており、その知識・経験から迷えるモジュラーシンセプレイヤーへの駆け込み寺として日々様々な相談を受けている。 自身のライブでは何もパッチングされていない状態からはじめる演奏スタイルを貫いており、高速パッチングでリアルタイムに様々な音を紡ぎだす。 ライブ活動が中心だが日本のモジュラーシンセ・プレイヤーのコンピレーションアルバム「The Young Person’s Guide to Modular Synthesis 3」毎月行われているモジュラーシンセイベントのコンピレーションアルバム「2nd Anniversary Compilation Album」で作品のリリースをしている。

・TATATA5
DIYモジュールKITを購入し、自作してみたのがはじまり。ジャンルに囚われない自由度と、パッチングで再現される刹那的儚さのあるモジュラーシンセの世界にハマってしまう。その後Z_Hyper氏に師事し、日々弟子なりに精進する毎日。drone/ambient/noiseを独自に折り重ね、融合させた楽曲が多い。近年では「modular cafe」「GIGA MODULAR」「乙女パノラマ」「シンセカイSP」「Tokyo Festival of Modular 2017」等のLiveに出演。モジュラーシンセ・プレイヤーによるコンピレーションアルバム「THE YOUNG PERSON’S GUIDE TO MODULAR SYNTHESIS 03」に参加。モジュラーシンセユニット「MizutaMa」としても鋭意活動中。

http://instagram.com/_tatata5

・Dave Skipper
デイヴ・スキッパーは2010年に日本へ越してきて以来、ノイズシーンを中心に東京のアンダーグラウンド音楽イベントで100回以上の演奏をこなしてきた。2013年、彼は日本のモジュラーシンセの現状をより活性化させるビジョンを得る、そしてその年、Tokyo Festival of Modularは始まった。Daveが担当するのは海外の多くのモジュラーカンパニーを日本へ招き、初来日や日本初の製品発表も実現、同様に国際的に活躍し、評価を受けるアーティストを招きフェスティバルでのライブを実現し、それこそがTFoMを特徴づけ、成功を裏付けたのである。今年のTFoMのメインアクトでもあった、Eat StaticはDave skipperのオリジナル素材から2曲のリミックストラックをレコーディングしている。デイヴのモジュラーシステムは何年間も親交を深めているPittsburghのモジュールでほぼ構成されている。デイヴのプロジェクトINFINITY A.D.はアグレッシブでダイナミックなノイズテクスチャーとヘビービートで構成され、そのサウンドはPan SonicやSun Raなどの著名なアーティストと比較される。

・HATAKEN(Wåveshåper(mutantra) / TFoM / ZEN ZEN / TKG)
モジュラーシンセサイザーライブパフォーマー、エレクトロニックミュージックプロデューサー。北米、欧州、アジアの各地で精力的にライブ活動を行い、モジュラーシンセを駆使し、新たなエレクトロミュージック表現を探求している。Greg Hunter (Dub Sahara)とWåveshåperとしても注目を集め、2014年より3枚のアルバムをリリース。2012年のBoom Festivalで7時間に及ぶライブを成功させ、それを機にOzora , Sonicaなどの欧州のフェスティバルに招かれ、日本を代表するエレクトロニックミュージックのアーティストである。DJ Alex R / High, DJ Yumiiらとオーガナイズチーム、Zen Zenをスタート、アンビエント、エレクトロニックニュージックのイベントを主催。 さらにモジュラーシンセの普及にも努め、2013年より国際的なモジュラーシンセの展示会/コンサートをジョイントした、Tokyo Festival of Modular を主催、モジュラーシンセサイザーの国内の普及、新たな音世界を発信、メジャーアーティストをはじめ、世界中のアーティストから注目されている。(2017) 2017年秋Matsuri digital chill より待望の5年ぶりのフルアルバムをリリース!ギタリストSUGIZOのソロアルバム、リミックスアルバムに参加、TFoMのイベントではデュオによる即興演奏も披露。SUGIZOソロツアーの東京公演でフロントアクトにて一時間に及ぶモジュラーシンセライブを披露。

Hataken is an electronic music producer , performer from mid 90’s . his music style based on Ambient , Chillout feeling with grooves that uses synthesizers and over genres unique style and psychedelic feeling . has been performed many festivals includes Boom 2012 (7 hours live show with analog vintage rigs) , Ozora festival , Sonica , Sound Wave , SXSW and more . from 2013 , he also started organize the Tokyo Festival of Modular which international modular synthesizer exhibition and artists concerts . also he shifted modular synthesizer performer from vintage analog synthesizer performer . and now important icon of Japanese modular synthesizer scene . he is trying to be next generation of modular synthesizer music . also he starts Wåveshåper with Greg Hunter from 2013 and releasing album and invited many times for European festivals for live performances . also organizer of Alternative culture undergroung platform “ZEN ZEN”
new solo album will be release from MATSURI DIGITAL CHILL in Autumn 2017 .
will have West Coast tour in 2018 .

HATAKENリンク:
http://hataken.info/
https://soundcloud.com/hataken/
http://mixcloud.com/hataken/
https://hataken.bandcamp.com/

Wåveshåper リンク:
http://mutantra.bandcamp.com/

HATAKEN オーガナイズ :
http://zenzen.asia/
http://tfom.info

リリース:
A Prana Planet
https://www.beatport.com/release/a-prana-planet/2160155
Ascension
https://www.beatport.com/release/ascension/1005223

HATAKEN.INFO (own label)

https://hataken.bandcamp.com/

KAGURANE KGRN