Schedule

Schedule

2017.06.23.Fri

Beginning 30 - Ryo Murakami with Tatsuya Fujimoto

Day 2017.06.23.Fri

Open 19:00
Start 19:00

Adv ¥2,300
Door ¥2,300

Acts

Ryo Murakami with Tatsuya Fujimoto 中山晃子|AKIKO NAKAYAMA haku sungho
※本公演はデイイベントです。 ・Ryo Murakami (Depth of Decay ) 2006年頃よりリリース・ライブ活動を開始。Baud、Styrax 等からリリース、Pan Recordsの運営。 近年は、自身のレーべル”Depth of Decay”を始動、画家益村千鶴の絵をジャケットに起用し、独自の世界観を構築したファーストアルバム”Depth of Decay”を2013年7月にリリース。2014年は、sludge-tapes より「Terminal the culture 」をカセットテープにてリリース、ベルギーのレーベルmeakusmaよりPorter Ricksがリミックスで参加した「Spectrum EP」をリリースした他、2015年にUAEのレーベルBedouinよりセカンドアルバム「Deist 」をリリース。2016年9月に再びBedouinより3rdアルバム「Esto」をリリースした。 ライブでは、BerlinAtonal2015。2016年にはSOU Festival, Bozar Electric Arts Festival, Unsafe +Soundsや、ベネチア現代音楽祭2016に出演、銀獅子賞を受賞した。 http://depthofdecay.tumblr.com/ ・Tatsuya Fujimoto 映像作家•VJ 2009年に音楽家北嶋世輝と共に、映像制作を中心としたユニットendleapssを立ち上げる。制作したショートフィルムはドイツライプツィヒで行われた映画祭にて2年連続でノミネートを果たす。その後、ミラノコレクション参加ブランドの映像など、多数のファッションフィルムを手掛ける。VJとして国内外のアーティストと共演し、トラックメーカーEadonmmとは共にSonarSound Tokyo2013,KAIKOOSAKAに出演。2015年にはBERLIN ATONALに出演したRyoMurakamiの映像を担当し、翌年にはヴェネチア国際現代音楽祭に出演。 http://tatsuyafujimoto.com ・中山晃子|AKIKO NAKAYAMA 画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。科学的、物理的な法則に基づくあらゆる現象や、現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。ソロでは音を「透明な絵の具」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れる。近年では TEDxHaneda、Audiovisual Media festival 2015(台湾)、Ars Electronica Fes 2016(オーストリア)にも出演 ・haku sungho(白承昊) 在日コリアン三世 hainuのギターボーカル、作曲家 東京出身。現在は釜山をベースに、東京、ソウル、香港、台湾、中国、ロンドンなど様々な地域での活動を行う。音楽というものの根源的な姿を探すべく、ダンサー、映像作家、美術家などとの共演、共作も続けている。近年では、フィールドレコーディング、自作楽器などを通して作曲、演奏を行なっている。
KAGURANE KGRN