Schedule

Schedule

2017.09.24.Sun

Maxサマースクール in 神楽音

Day 2017.09.24.Sun

Open 10:30
Start 11:00

Adv ¥2,000
Door ¥2,500

Acts

講師:後藤英 ・11:00-13:00 超初級 ・15:00-17:00 初級 ・19:00-21:00 中上級
協力 MI7 Japan 
 後藤英によるMaxのワークショップ。
 これまでMaxを使ったのない超初級から上級者向けのクラスを設定。 (イベント内でMI7の商品プレゼンテーションが予定されています) 

-カリキュラム-
 -超初級者ワークショップ [11:00-13:00]
 1)Maxで何ができるかについて
 2)Maxの使用例、作品例 
3)始めて触るMax 
4)始めてプログラムするMax
 
-初級者ワークショップ[15:00-17:00] 
1)Maxのプログラミングの基礎 
2)MSPのプログラミングの基礎 
3)Jitterのプログラミングの基礎 
4)質疑応答 

-中上級者ワークショップ[19:00-21:00] 
1)高度なMaxプログラミングの方法 
2)MSPによるシグナル・プロセッシングの例 
3)OpenGLによるJitterのプログラミング 
4)IRCAMの例 
中上級クラスではSpat、Gesture Follower、Gabor、ModalysといったIRCAMで開発されたライブラリ解説あり。 

注)全ての来場者はMaxをインストールしたラップトップをご持参ください。

 30日間デモ版無料ダウンロード https://www.mi7.co.jp/products/cycling74/max/
 
 協力 MI7 Japan 
https://www.mi7.co.jp/news/ 


 -チケット- 
 一般 前売2,000円 
当日2,500円 [Peatix] http://peatix.com/event/292710/view 

学生 無料(当日は学生証をご提示ください) 
学生専用Eメールアドレス  office@kagurane.com 
以下をご表記ください。 
件名 「Maxサマースクール申し込み」 
本文 氏名、年齢、学校名、受講コース 

受講番号を返信いたします。 

※応募者が多数の場合は抽選にさせていただくことがあります。 
※入場の際に1ドリンク500円をいただきます。 

 概要 : 
Maxはソフトウェアとコンピューター言語の両方の可能性を備えているものである。 基本的には音楽目的のためのものであり、さらにリアルタイムのための音響合成、パフォーマンスなどに用いることができる。近年ではメディア・アート、マルチメディア、映像、インターネット、センサーなどにも用いることができる。MaxはかつてIRCAM (https://www.ircam.fr/ ) というフランスのパリにある音楽のための研究所、スタジオで開発された。現在はカルフォルニアにあるCycling ’74 (https://cycling74.com/ )より販売されており、日本ではMI7 Japan - エムアイセブンジャパン (https://www.mi7.co.jp/products/cycling74/ )が代理店となっている。
後藤英はかつてIAMAS (http://www.iamas.ac.jp/ )の赤松正行氏と三輪眞弘氏とともにMSP/DSPサマースクールを開催した。 詳しくは以下を参照 : 
http://www.iamas.ac.jp/~aka/mspss1999/ 
http://www.iamas.ac.jp/~aka/dspss2000/ 

これは当時とても好評を得たこともあり、多くの人からの復活の要望がある。 そこで今回、改めて東京にて復活するのが目的である。
ワークショップでは超初心者、初級、中上級の3つのレベルに分けられて行われる。実際に手作業と共に行われるチュートリアルの形式で進められる。参加者は各自コンピューターを持ち寄り、予めワークショップのために用意された例とともに学ぶことができる。 

後藤 英(講師) 
フランス、パリにあるポンピドゥー・センターのイルカムの招待作曲家、研究員、ボルドー芸術大学の准教授を経て、現在は東京芸術大学の准教授。2016年にCDのCsOがアソルハーモニクスより発表され、書籍のEmprise: 現代音楽の系譜から、コンピューター・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ニュー・メディア・アート、新たなパフォーマンスへの進化がスタイルノートより出版された。
KAGURANE KGRN